スポンサードリンク

毘沙門天(善國寺)びしゃもんてん(ぜんこくじ)

毘沙門天善國寺は神楽坂下と神楽坂上の間に位置し、神楽坂を神楽坂下から神楽坂上に歩けば左側に見えます。朱色の門、朱色の本堂ですから直ぐ分かります。

毘沙門天とは、色々な呼び名を持つ神様です。
四天王の一尊に数えられる武神であり、多聞天(たもんてん)とも呼ばれ、財宝や福徳を与える七福神の一神でもあります。

毘沙門天と多聞天の区分は、日本では一般的に四天王の一尊として造像安置する場合は「多聞天」で、独尊像として造像安置する場合は「毘沙門天」と呼ぶそうです

毘沙門天は古来よりインドで信仰されてきた財宝の神で、武神のイメージは無いそうです。サンスクリット語(インドの古語)では「ビシュラバナ」と表記して、この音写が「ビシャモン」で、言葉としては「全てを聞く」という意味を表す多聞天との言うとのことです。

なお、七福神(しちふくじん)とは、福をもたらすとして日本で信仰されている七柱の神です。

この毘沙門天善國寺は桃山時代末の文禄四(一五九五)年に創設された寺で歴史があります。お寺の位置は変遷しており、日本橋馬喰町馬場北の先にあったこともありましたが、寛政四(一七九二)年の火事により、この神楽坂へ移転したそうです。江戸は火事の多い所でしたから、神楽坂へ移転する前も何度か類焼の厄があったそうです

毘沙門天善國寺は昭和二十年の東京大空襲でも失われましたが、昭和二十六年に再建されたそうです。

毘沙門天正面

毘沙門天の左門柱には「毘沙門天」の文字があります。

毘沙門天の左門柱

右門柱には「神楽坂」の文字。

毘沙門天の右門柱

毘沙門天の神殿

毘沙門天の神殿

毘沙門天像の解説板

毘沙門天像の解説板

毘沙門天像

毘沙門天像

毘沙門の藤棚。咲けばきれいですよ。

毘沙門の藤棚

おみくじが白い花のように咲いています!

毘沙門のおみくじ

スポンサードリンク

サイトMENU

神楽坂の坂

神楽坂の通り

神楽坂の小路

神楽坂の横丁

お気に入りのお店

神楽坂の猫

神楽坂イベント

神楽坂イベント

JR飯田橋駅改修の記録

施設

公園

史跡

神社仏閣

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2017 東京 神楽坂 ガイド. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system