スポンサードリンク

神楽坂のイベント 猫も歩けば本に中(あた)る

2013年2月16日(土)〜24日(日)

神楽坂は本の街。街を歩けば新たな魅力を発見に出会える。レラドビブリオテック委員会主催のイベントが開催されました。

神楽坂の「神楽坂のイベント 猫も歩けば本に中(あた)る」の写真

聞きなれないレラドビブリオテックを直訳すると「図書館のねずみ」

フランス語で、本の虫を意味するようです。

猫の街、神楽坂で、ねずみや虫とは、面白いですね。

神楽坂は、著名な作家が終の棲家にし、多くの出版社、編集者、そして作家がカンヅメになる老舗旅館・和可菜。

本には、大変ご縁がありますね。

神楽坂を愛する人たちが、本との関わりを表現する9日間。


神楽坂の「神楽坂のイベント 猫も歩けば本に中(あた)る」の写真

楽しいイベントが、又ひとつ神楽坂に生まれました。

猫も歩けば本に中るは、トークイベント・ワークショップ、飲食・ブックカフェ、書籍・古書・古本販売、本関連雑貨販売、おまけ・お得有、その他などで構成されています。

トークイベント・ワークショップは、猫も歩けば本に中るの初日、箪笥(たんす)町・うす沢「神楽坂/鏡花ナイト」が開催

うす沢は、浪漫主義作家・泉鏡花の師、尾崎紅葉邸旧居跡地近隣にある和食器の店。


神楽坂の「神楽坂のイベント 猫も歩けば本に中(あた)る」の写真

神楽坂/鏡花ナイトは、鏡花のゆかりのある店で、鏡花に関する話しを聞きながら、うす沢店主による鏡花にちなんだ料理を堪能します。

又、うす沢では、神楽坂で本のお題の俳句づくり、春夜の聖地の旅語りの出版記念、ビブリオバトルatうす沢などが順次、企画されています。

猫の歩けば本に中るの期間中、神楽坂は本をキーワードに様々な趣向が待っています。

春を待つ2月半ば。神楽坂で、本の虫になってみるのも一興ですね。

スポンサードリンク

サイトMENU

神楽坂の坂

神楽坂の通り

神楽坂の小路

神楽坂の横丁

お気に入りのお店

神楽坂の猫

神楽坂イベント

神楽坂イベント

JR飯田橋駅改修の記録

施設

公園

史跡

神社仏閣

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2017 東京 神楽坂 ガイド. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system