スポンサードリンク

みちくさ横丁(みちくさよこちょう)

みちくさ横丁の入り口は、神楽小路に面し、みちくさ横丁自体は袋小路です。 短い横丁ではありますが、みちくさ横丁は実の個性豊かな味わいのある横丁です。

看板に「神楽小路・みちくさ横丁」とあるように、みちくさ横丁はあくまで神楽小路の一部なんですね。

みちくさ横丁の入り

「みちくさ横丁」なかなかよい響きですね。
みちくさは、馬が道端の草を食べて進行が遅れることから、「目的地へ行く途中で他のことに時間を費やす。」となり、怠けるような意味合いがあります。
会社帰り、この辺りでみちくさして、なかなか帰らない・帰りたくないサラリーマンが、沢山居るんだろうなと勝手に想像しています(笑)

ところで、この界隈は、夏目漱石先生の匂いのする界隈ですが、このみちくさ横丁に来ると決まって漱石先生の大正4年(1915)発表の小説、大学教授である主人公健三が、世俗的社会に束縛され、孤独に生きるさまを描いた自伝的作品、道草を思い出します。

■下の写真:みちくさ横丁に進入してみました。
神楽坂通りと平行する位置関係です。
神楽坂には細い路地がたくさんあり、その中の一つにこの横丁があります。 昼間はそば屋さんがメインですが、夜ともなればスナックやバーなどが営業しています。

みちくさ横丁の中

「みちくさ横丁」の突き当たりに、コーナーポケットと言う名の有名で老舗のジャズ・バーがあります。
月に一度有望な若手やベテランプ・レイヤーによるライブが行われ、時にはヒゲのマスター松浦氏のバンドも登場するそうです。

■下の写真:みちくさ横丁から神楽小路を見ています。
ジャズバーワインバー、カラオケスナック、山形料理、 ステーキハウス、小料理屋、美味い魚が食べれる居酒屋などなど、実にパワフルなエリアです。

みちくさ横丁から神楽小路を臨む

スポンサードリンク

サイトMENU

神楽坂の坂

神楽坂の通り

神楽坂の小路

神楽坂の横丁

お気に入りのお店

神楽坂の猫

神楽坂イベント

神楽坂イベント

JR飯田橋駅改修の記録

施設

公園

史跡

神社仏閣

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2017 東京 神楽坂 ガイド. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system