スポンサードリンク

尾崎紅葉旧居跡

尾崎紅葉旧居跡の写真

尾崎紅葉は、明治時代の小説家であり、俳人として活躍しました。

読売新聞の連載小説となった金色夜叉が有名ですが、

執筆中に尾崎紅葉が亡くなったので、未完の作品です。


尾崎紅葉旧居跡の写真

尾崎紅葉旧居跡は、新宿区指定史跡に指定されています。

案内板には、以下のように記載されています。

尾崎紅葉(1867〜1903)が明治24年(1891)から 同36年に死去するまでの12年間居住し、 代表作の金色夜叉など多くの作品を執筆した所である。
紅葉は鳥居家の母屋を借り、十千万堂(とちまんどう)と称した。
2階の8畳と6畳を書斎と応接間にし、 1階には泉鏡花などが起居したこともあり、 近代作家が青だった重要な場所である。
当時の家は戦災で消失してしま ったが、 鳥居家には今も紅葉が襖の下張りにした俳句の遺筆が 2枚保存されている。
平成4年8月 東京都新宿区教育委員会 参照


尾崎紅葉旧居跡 目印の電柱の写真

尾崎紅葉旧居跡は、神楽坂通り朝日坂を上る、大久保通りから袖摺坂を上る、

牛込中央通りから朝日坂に入るなどの道順があります。


あさひ児童遊園の写真

尾崎紅葉旧居跡は、朝日坂から少し入った場所。

目印は、電柱に書かれた 器うす沢 ここ入る です。

うす沢は、路地を通って辿り着くわざわざの楽しみ!をコンセプトにしている 和食器のお店です。


サトザクラの写真

朝日坂を牛込中央通りに向かって歩くとあさひ児童遊園。

大久保通りの牛込箪笥区民センターと背中合わせに、隣接しています。

あさひ児童遊園の入り口に、サトザクラが植えられていました。

サトザク ラは、観賞用の改良されてきた歴史があり、八重咲き、 枝垂れ咲きなどの種類が多いと聞きますが、あさひ児童遊園のサトザクラは、 どのような咲き方をするのでしょうか

スポンサードリンク

サイトMENU

神楽坂の坂

神楽坂の通り

神楽坂の小路

神楽坂の横丁

お気に入りのお店

神楽坂の猫

神楽坂イベント

神楽坂イベント

JR飯田橋駅改修の記録

施設

公園

史跡

神社仏閣

スポンサードリンク

サイトMENU

Copyright (C) 2008-2017 東京 神楽坂 ガイド. All Rights Reserved.
inserted by FC2 system